しつこいピロリ菌

早めのピロリ菌の除去治療でリスクを抑える

ピロリ菌を倒そうストレスなどで胃の不調がおこることがあります。
緊張で物が食べられないということもあります。
胃腸炎などで嘔吐したりすることもあります。
それらは一過性のものですから、特に問題はありません。
しかし慢性的な胃腸炎や胃潰瘍などがある場合は別です。
大きな病気が潜んでいる可能性があるので定期的な治療が必要です。
さらに怖い病気にガンがあります。
胃ガンの早期は気づかないことが多いので定期的な検診を受けておくことが望ましいです。
胃ガンや胃潰瘍など怖い病気にはピロリ菌が大きな影響を与えています。
ピロリ菌を除去することができれば胃ガンや胃潰瘍のリスクを軽減することができます。
ピロリ菌がいるかどうかを知るためには内視鏡の検査を受ける必要があります。
菌がいると分かれば薬物治療で除去することができます。
とても簡単な方法で胃ガンや胃潰瘍のリスクを抑えることができるので早めに検診を受けることがおすすめです。
中には自治体で補助を受けることができるところもあるので調べておくといいでしょう。

ピロリ菌は薬を飲むだけで簡単に除菌できる

慢性胃炎や胃潰瘍の原因となるピロリ菌は薬を飲むことで簡単に除菌できるようになりました。
また最近では保険治療が適用される範囲が広がり、ピロリ菌感染による胃炎になった場合でも保険を使って治療ができるようになっています。
特に50代以上のピロリ菌の保有率は70%~80%と高いので、検査を受けて治療を受けておくと胃炎や胃潰瘍になるリスクを減らせるだけではなく、胃がん予防にもつながります。
菌を保有している人はそうでない人に比べると胃がんになるリスクが20倍を超えるため、胃の調子が悪い人や50代以上の人は検査を受けて菌を保有していることがわかったら治療を受けたほうが良いでしょう。
検査の方法は血液や尿、便を取って調べる方法や吐く息から菌がいるかどうかを調べる方法、内視鏡で胃の粘膜を取って調べる方法などがあります。
検査によって菌がいることがわかれば、除菌する薬と胃酸の分泌を抑える薬を7日間服用するだけで治療できます。