しつこいピロリ菌

ラクトフェリンピロリ菌を減少させられるのか

ラクトフェリンピロリ菌を減少させられるのか ラクトフェリンは、鉄結合性の糖たんぱく質の一種であり、母乳・涙・汗・唾液などの外分泌液中に含まれていて、人間の体に本来あるものです。強力な抗菌活性を持つことが知られていて、さまざまな細菌を退治してくれる役割を果たしてくれます。
ピロリ菌を減少させることに対する効果も、さまざまな研究で立証されていて、ヨーグルトなどのさまざまな食品の中に配合されるようになってきています。
臨床研究では、ラクトフェリンはピロリ菌を包み込んで体外に一緒に排出するということが確認されていて、体内に合った場合には、健康状態の改善をしてもらうことができます。
最近では、ピロリ菌を病院で除菌してもらうことも可能であり、除菌後にラクトフェリンを摂取することによって、より胃の中の健康状態を改善させることが可能になっているため、胃がんなどの予防効果を高めることができます。
他の病気の予防にもつながるため、積極的にラクトフェリンを摂取するとよいです。

ピロリ菌減少効果もあるラクトフェリン

ピロリ菌は胃の粘膜に住み着いている細菌です。子供の頃に感染し、大人になってもそのままのことが多いです。粘膜の中に住んでいますが、比較的胃酸に強く、胃の中で生き続けることができます。
ピロリ菌に感染しても自覚症状はほとんどありません。炎症が進んでしまうと、胃炎や胃がん、十二指腸潰瘍の原因となることがあります。
除菌することでピロリ菌はいなくなりますが、ラクトフェリンを使用しても細菌の抑制と抗菌の効果があります。ラクトフェリンは母乳に含まれている成分です。
たんぱく質の一種で、腸内の善玉菌を増やす働きもあります。ヨーグルトなどに多く含まれていますが、ラクトフェリンをとることにより、細菌の働きを弱め、細菌自体の数を減らすことができます。
ピロリ菌は胃酸に強いですが、乳酸菌には弱い性質があり、ラクトフェリンを摂取することにより、菌自体を包み込み体外に排出することができます。
8週間飲むなど一定期間飲むことにより効果が現れます。