しつこいピロリ菌

病院で行われるピロリ菌検査の方法とは?

病院で行われるピロリ菌の検査には大きく分けて内視鏡を使う検査と使わない検査に分ける事ができます。
内視鏡検査にも3つの種類があり、どれも胃の中の様子を見て、胃の組織を採取して使う検査ですが「迅速ウレアーゼ試験」「鏡検法」「培養法」に分けられます。
 「迅速ウレアーゼ試験」はピロリ菌の持つ酵素の働きで発生するアンモニアの量を調べる方法、「鏡検法」は採取した組織を染色して顕微鏡で観察する方法、「培養法」は採取した組織を培養しピロリ菌が増えるか調べる方法となります。
 内視鏡を使わない検査としては血液や尿を採取して菌に感染しているか調べる抗体測定、検査用の薬を飲み一定時間経過した後に呼気を調べる尿素呼気試験、そして便を採取してピロリ菌抗原があるか調べる便中抗原測定が挙げられます。
 検査は病院で比較的簡単に受ける事ができ、感染が分かっても除菌薬で除菌することができるため、胃に不快感がある人は一度病院に受診することが大切です。

痛くない胃カメラ・苦しくない大腸カメラでピロリ菌の検査

痛くない胃カメラ・苦しくない大腸カメラでピロリ菌の検査 ピロリ菌は様々な病気を引き起こしてしまうので取り除く必要があります。
具体的な病気の例として、胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍、良性のポリープ、特発性血小板減少性紫斑病などを挙げることができます。
これらの病気を発症してしまうリスクがあるので、検査を一度受けてみることを推奨します。
ただ、胃カメラや大腸カメラは痛かったり、苦しい思いをすることになるので避けたいと考えている方が多いと思われます。
今は苦しくない胃カメラや大腸カメラがあるので安心してください。
しかし、全ての病院に苦しくない胃カメラや大腸カメラがあるわけではないので、事前に調べなければいけません。
ピロリ菌が見つかった場合も薬を1週間程度飲むだけなので、負担はほとんどありません。
ピロリ菌を除去するだけで、病気を発症するリスクを大幅に抑えることができるので、健康に生活したい方は検査を受けるべきです。
病気になってから後悔しても遅いことを認識してください。