しつこいピロリ菌

ピロリ菌は病院で処方された薬で除菌できる

ピロリ菌を倒そうピロリ菌は、薬で除菌が出来ます。
除菌をすることで、関連する病気が改善したり予防出来ます。
日本人の感染者の数は約3,500万人といわれていて、治療や予防のために感染者の人に除菌療法を受けるように勧めています。
ピロリ菌の除菌をするときには、除菌療法が必用かどうかを医師と相談します。
また、除菌療法を始める前には、事前に以下のことがあるときには申し出ます。
これまでに薬を飲んでアレルギー症状を起こしたことがある場合、抗菌薬やかぜで副作用を経験した場合です。
とくに、胃がんになるリスクを減らすためには、ヘリコバクター、ピロリ菌の感染胃炎と思ったら病院を受診した方がよいです。
胃がんになるのを予防するには、現在の自分の胃の状態を知ることが重要で、胃炎を起こす原因のピロリ菌があるかを調べて、陽性なら胃内視鏡検査を受けます。
後は、除菌を受けてから、1年から2年に一度内視鏡検査を受けると安心です。
疑いがあると思ったら、早めに病院を受診しましょう。

ピロリ菌治療の際の飲酒

ピロリ菌は飲み物や食べ物などから体内に入り、胃の中に住み着いて、胃に炎症を起こさせてしまうことのある細菌です。
そのため胃潰瘍や胃がんなどの病気の原因となってしまうこともあります。
胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんを発症した人にピロリ菌に感染していることが多いため、ピロリ菌に感染した場合には除菌するための治療を受けることが大切になります。
治療は抗生物質などの薬を服用して行います。
この治療を受ける際に飲酒を控えるように医師に言われることがあります。
抗生物質の服用中に飲酒を行っても直接の副作用はないとされいますが、抗生物質は肝臓に負担をかけてしまう薬でもあるためその薬を一般的には1週間服用し続ける必要があります。
飲酒も肝臓に負担をかけることであるため、体調を考慮してピロリ菌を除菌治療している期間中は控えるように言われます。
また人によっては腹痛や吐き気、動機などの副作用を起こすこともあるために控えるように言われます。