しつこいピロリ菌

キスによるピロリ菌の関係と感染経路

胃の中に生息するピロリ菌の感染経路ははっきりとしたことはわかっていません。
一度感染すると長期にわたり胃に生息し、ほとんどの胃の疾患の原因となります。
基本的には経口での感染であることまでは確認されています。
食べ物や飲み物を介して体内にとりこまれます。
ピロリ菌についていろいろと研究がなされてわかってきたことは、感染するのは小児期が多いということです。
成人になってからはある程度の免疫力が備わっているため感染しても自然治癒することが多く定着しないことの方が多いようです。
だから成人同士のキスでは感染することはありません。
ただし親子間での感染は確認されています。
また免疫力の弱い小児に対してピロリ菌保有者の親から食べ物を介して感染することがあります。
子供に感染さないためにもピロリ菌の検査を行い、しっかりと治療をするべきです。
また、家族に疑いのある者がいる場合jは、小児に対しても感染の有無を検査して、早めに対応するようにしなければなりません。

ピロリ菌を駆除するためのコスト

ピロリ菌を駆除するためのコスト ピロリ菌は駆除・除菌を行わない限り胃の中に留まり続ける性質を持つ細菌で、放置しておいた場合は粘膜を攻撃し続け胃がんや胃腫瘍といった疾患の原因になるといわれています。
水や食材が主な感染経路となっており国内では3人に1人の割合で感染しているものに該当することから、普段から胃腸の調子が悪くなりやすい人は早めに検査を受けておく選択が望ましいです。
一般的に保険適応時のコストは検査と除菌を含めて6千円前後が相場とされていて、診察などの要素を考慮しても2万円以下とそれほど自己負担額は要しない治療になりますが、健康な状態でピロリ菌の検査及び駆除を受ける場合は保険が適応されない点に注意は必要です。
保険が適応される条件としては胃カメラを用いた検査で慢性胃炎が認められた場合に加えて、胃がんや胃腫瘍などが発生している状況が当てはまり、現在は保険適応範囲が以前よりも広まっていることから駆除に要するコストは軽減される傾向があります。